ラオスの蝶類


by butterlaos
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
少し前になるがラオス産蝶類の最新のチェックリストが発表された。

A Revised Checklist of the Butterflies of the Lao P.D.R. ( Insecta: Lepidoptera)
Norio NAKAMURA and Hiroyuki WAKAHARA, 2012, 進化生物研究 第17号, pp.19-85.

という長編である。
ラオス蝶類図譜(長田ほか1999)の876種に100種を加えた978種が記録されている。リストだけでなく、蝶類図譜に載っていない種や、雌雄のどちらか欠けている方などをできるだけ図示しているところも素晴らしい。この文献で初めてラオス産ソロンフタオの♀を拝むことができた。採集地が自分にもなじみのある場所だけに嬉しいやら悔しいやらである。
[PR]
# by butterlaos | 2013-01-28 02:14 | Literature
d0168981_2053663.jpg
d0168981_2054697.jpg
ルイザワモン Stichophthalma louisa ♂, Khammane prov, Apr 2012.

ルイザオウサマワモンとも呼ばれるのも理解できる大きさ。
これは狙って採ったものではない。海外の蝶の大半が予期せず採れている。こういうものは再現が難しい。同じ場所に行っても再び採ることができないのだ。その点、ポイントも発生時期も分かっているアイドル的な珍種の方がはるかに採りやすかったりする。
[PR]
# by butterlaos | 2012-12-05 20:16 | Nymphalidae
ラオスの蝶覚え書き(I): タテハチョウ科Ethope属の1新亜種の記載,バタフライズ(48), 4-7, 2008,日本蝶類学会 (テングアゲハ)


ラオスの蝶覚え書き(Ⅱ)中部・南部ラオスより新たに記録された6種の蝶ならびに注目すべき他の数種の蝶について Notes on the butterflies of Laos (Ⅱ) New records of six species and several remarkable species from central and southern Laos,バタフライズ (49), 49-56, 2008,日本蝶類学会 (テングアゲハ)


ラオスの蝶覚え書き(Ⅲ)ムラサキベニシジミの1種Helleia tsengの中部ラオスよりの発見と新亜種記載 Notes on the butterflies of Laos (Ⅲ) Discovery and description of a new subspecies of Helleia tseng (Obertur, 1886) (Lepidoptera: Lycaenidae) from central Laos,バタフライズ (50), 42-49, 2008,日本蝶類学会 (テングアゲハ)


ラオスの蝶覚え書き(IV)ラオスで最近採集された興味深い蝶(8種の新記録) Notes on the butterflies of Laos (IV) Species of interest recently collected from Laos, including eight new records,バタフライズ (52), 23-29, 2009 ,日本蝶類学会 (テングアゲハ)


ラオスの蝶覚え書き(V) : 中部ラオス山地で発見されたアエローペヒメワモンの1新亜種の記載(鱗翅目,タテハチョウ科,モルフォチョウ亜科,ワモンチョウ族) Notes on the butterflies of Laos (V) : description of a new subspecies of Faunis aerope (Leech, 1890) (Lepidoptera, Nymphalidae, Morphinae) from a montane area of Central Laos ,蝶と蛾 60(4), 277-284, 2010-03-15


ラオスの蝶覚え書き(VI)中部ラオス山地の蝶相について(12種の新記録) Notes on the butterflies of Laos (VI) Butterfly fauna of the montane region of central Laos including new records of twelve species,バタフライズ (55), 20-33,2010,日本蝶類学会 (テングアゲハ)


ラオスのチョウ覚え書き(VII):Ussuriana michaelisの1新亜種(鱗翅目、シジミチョウ科、シジミチョウ亜科)の記載,バタフライズ (57), 22-27,2011,日本蝶類学会 (テングアゲハ)


なぜか1回だけ蝶と蛾に掲載されてるんですね。本題となっている記録種以外にも無効な亜種名などに触れられていてタメになります。
[PR]
# by butterlaos | 2012-12-05 20:01 | Literature
d0168981_5165049.jpg
ホソバジャコウアゲハ Losaria coon ♂, Vientiane City, May 2012.

二次林の梢を飛んでいるのをよく見かける。ブーゲンビリアなどの植栽にも訪花する。
[PR]
# by butterlaos | 2012-12-04 05:20 | Papilionidae
d0168981_55333.jpg
d0168981_551731.jpg
ヤリサスフタオPolyura jalysus ♂, Vientiane City, May 2012.

川原でナンプラーなどを撒くとやってくる。ソロンフタオなどに比べやや遅め(午前10時頃)から現れ、午後になっても飛んでくる。 
[PR]
# by butterlaos | 2012-12-04 05:07 | Nymphalidae